バナー

骨を増やしてからのインプラント治療

永久歯を失ってから時間が経過していると、顎の骨が本来よりも薄く、痩せていきます。
それ自体を防ぐことは難しいのが現状です。

歯を失うことは、顔のシワやたるみの原因となる場合もあります。

こだわりの高い新宿のインプラントについての情報ならこのサイトです。

この状態でインプラント治療を受けることは難しいと言えます。
その理由としては、顎の骨がもろくなっている状態で、そこに人工歯根を埋め込もうとすると、最悪の場合には骨折する可能性もありますが、定着すること無く脱落する可能性もあるためです。骨が不足している場合に、インプラント治療を希望した場合には、骨を増やした治療を行なって上でインプラント治療を行うことになります。

それにより、しっかりと骨にインプラントが固定されるので、脱落の危険性も少なくなります。

OKWaveのココだけの話をしましょう。

骨を増やす方法はいくつかあり、一人ひとりの状況により適している方法は異なります。

最適な方法を話し合い、メリット・デメリットを理解した上で治療を受けるようにしましょう。


なお、骨を増やす手術は、予想以上に広範囲になることが多いようです。

そのため、術後に腫れや痛みが生じる場合があります。

鎮痛剤が処方されますので、服用することにより、痛みを緩和させることが出来ます。

新宿のインプラントの専門知識を身につけましょう。

あまりにも強い痛みがある場合には、治療を受けた医師に相談するようにしましょう。

通常の治療よりも、治療に時間が掛かるということもあり、費用が高額になる可能性がありますので、しっかりと話し合うようにすることが大切です。